なぜゲームの最新作はつまらないのか。ゲーム業界はどうするべきなの?

f:id:oukax:20190412134054j:plain

自分の好きなゲームソフトの新作が発売されると聞いたら誰もが嬉しいですよね。

しかし、そういうソフトに限って内容がひどかった・つまらなかったと感じたことはありませんか?

私もそんな経験は嫌というくらいあります。

 

でも、ゲームがつまらなかったと感じる理由は、単にそれが本当につまらなかったというだけではありません。

今回はそんなことについてお話ししていこうと思います。

 

ゲーム関連記事↓

www.ouka.work

www.ouka.work

 

理由は大きく分類して2つ

最新作のゲームがつまらなかったと感じる要因は、大まかに分けて2つに分類できます。

『ゲーム自体がつまらなくなった』

『気持ち的につまらなくなった』

この2つです。

 

ではそれぞれの解説をしていきたいと思います。

 

ゲーム自体がつまらなくなった

おそらく多くの人が最も考える理由はこれ

ゲームの最新作が発売された時つまらないと感じたらその理由は、

「ゲーム自体(ストーリーなど)がつまらない」とまず考えませんか?

実際、そのパターンがほとんどです。

 

新要素を求めすぎた

どんなゲームも最新作に次々と新要素を入れようとします。 

確かにプレイする人も、新たな要素が増えて欲しいと願う人は大勢いる。

だから、新要素を入れることはそういった人たちへのアピールにもなりますので、販売数向上につながることには間違いありません。

 

しかし、だからといってこの新要素を入れすぎると、前作とだいぶシステムが異なったりして別ゲーになってしまう可能性があります。

そうなると批評の大元は古参ゲーマーからきます。

 

新規ゲーマーには、初めてプレイすることから違和感を感じませんが、古参には気に入りません。

新規と古参にはそのような認識の違いがあることを、作成する側はまず把握しておかなければいけないと思います。

 

気持ち的につまらなくなった

『ゲーム自体がつまらなくなった』と間違えて認識しやすいのがこれです。 

 

「つまらないのはゲーム自体のせいでしょ」と最初に考えやすいのは無理はありません。プレイしていてつまらないと感じたらその考えが自然ですからね。

 

しかし、成長して気づかないうちにゲームへの楽しさ・関心が失われている可能性もあるのです。

 

こればかりはそれぞれ違いますが、大抵のゲームソフトはシリーズごとの発売日にかなりの間が空きます。私が紹介したピクミンのソフトなんかは分かりやすい例です。(以前の記事

 

(以前の記事から)

ピクミン  :2001年10月26日発売(対応ハード:GCWiiWii U

ピクミン2 :2004年4月29日発売  (対応ハード:GCWiiWii U

ピクミン3 :2013年7月13日発売  (対応ハード:Wii U

 

 このようにピクミンの場合、

最も初期の作品から3までの期間は約12年も間があいています。

初期の発売日からやっていた古参には、ピクミン3という最近のソフトはだいぶ違和感を感じたかと思います。 

 

これだけ間があいている例は特殊ですが、1年〜2年ほどの間であればたくさんあります。

「たった1年2年で気持ちが変わるのか?」

と疑問に思うかもしれませんが、変わります。

 

というのも、その一年の間他のゲームにいっさい手をつけないのであればそこまで変わらないかもしれませんが、ゲーム好きだったら他にもゲームはやりますよね。

やってるうちに、別のジャンルにハマったりしてゲームに求める考え方というものが変化していくんです。

 

まとめ

  • ゲームがつまらないと感じる理由は大きく分けて2つ
  • ゲーム自体がつまらないから本当につまらないと感じているパターン
  • 自分の気持ちに変化が起きて一部のゲームに面白みを感じなくなったパターン。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

今回の記事を読んで、なんとなくそうかも・・と感じた人は少なからずいらっしゃると思います。

すぐゲーム自体がつまらないと考えず、自分のゲームへの視点を変えてみることも良いのかもしれません。

 

なにがともあれ、これからもゲーム企業さんを応援していきたいと思います。

読んでくださってありがとうございました!