CRZの3モードボタンのそれぞれの特徴について

crzには『エコモード』『ノーマルモード』『スポーツモード』の3つがあります。

今回はそれぞれについての個人的に気づいた点を書きました。ご参考になればと思います。

 

エコモード

f:id:oukax:20200114100015j:plain

エコモードは最も燃費向上につながるモード。メーターの色が青色になります。エコな走り方をすればこれが緑色になり、逆によくない運転の仕方で走ると青色になります。

エコモードで、ガソリン満タンにして平均燃費を測った結果、私は燃費15km/Lを行ったり来たりする計測値となりました。かなり燃費良いですね。

ただ、一つ問題点としてはかなりパワーが無くなります。

加速力が低く、完全にエコカー状態の車化となるので、スピードを求める人にはまず使わないモードかと感じます。私はエコを優先したいので主にこれを使います。

 

ノーマルモード

f:id:oukax:20190713142535j:plain

程よいスピード・程よい燃費を実現できるのがこのノーマルモード。

スピードはまずまずで、個人的に加速に困ったことはほとんどありません。

燃費はやはりエコモードよりは多少悪くなります。ただ天と地の差ほど変わることもないので、基本的にはこれで良いです。エンジンスタートすると自動でこのモードになるので、面倒な人はこのままで走れます。

なお、こちらもエコモードと同じようにメーターの色が緑と青で変化します。

 

スポーツモード

f:id:oukax:20190713143348j:plain

燃費は捨て、速さを求めるモード。常にメータが赤色になります。

エコモードからスポーツモードに変えると分かりやすいですが、圧倒的にスピードが速くなります。記号で表すなら、

エコ<<ノーマル<<スポーツぐらいの違いです。

前が軽自動車だった私的には、発進が早すぎるくらい(笑)主に使う場面としては、合流の際や車線変更の際素早く移動したりすることに私は使います。燃費がかなり悪化するので常にスポーツモードはオススメしません。

 

マニュアルモード

スポーツモードの際、パドルシフトを使うことでマニュアルモードに移行します。スピードメーターの下にM6と表示されます。

ATに飽きた時に使うとマニュアルモードは結構楽しいです。ただ擬似的なもので、そんな速くなるわけではなさそうなので基本は使いません。自分は燃費向上のために使用していますね。

 

メーターの色が変わる件について

エコモード・ノーマルモードのみ、燃費の良い走りをすると緑になりその反対は青になるこの作り。正直これは全く必要ありません(笑)。最初は、色が変わってることを意識しているときはあった気はしますが、慣れてくると色のことに意識を向けることもなくなると思うので、特にいらないかなあと思います。

まだこれが、インテリアとして車内の照明にも干渉しているなら面白かったかな。