いくら調べても髪セットがうまくいかない人へ。理由はこれかもしれない。

束感が作れない・・

髪が潰れる・・

どのサイト見ても解決しない・・

 これらの悩み、実は筆者も悩んでいた。

だっていくら調べて同じことをしても改善されず、他の人のようにかっこよく決めることができなかったからだ。どうしたらよくなるんだろう??と考えに考えた末に分かったことがある。それを今回は紹介する。できないメンズ集合だ。

なお、こちらの記事はショートやマッシュなど短髪向けの内容です。

 

ワード解説

ブローとは・・・髪を整えながら乾かす。普通に乾かすと考えても良い

手ぐしとは・・・髪をクシのように指の間に通す。あくまでも簡易的

タオルドライとは・・・濡れた髪をタオルで拭き取る

(主観的な解説なのであくまでも参考程度に) 

 

上手にセットする前提条件

※これだけは必ず聞いてほしい。てかこれが一番大事なこと。

髪型を上手にセットするために必要なのは、髪セットのやり方が一番ではない。

髪質を良くすることである。(髪セットの仕方も大事だけど)

 

なぜなら、 髪質さえ良ければ割と適当に手でぐしゃぐしゃとワックスを馴染ませればそれっぽいのはできてしまうからだ。また、サラサラならセットする必要すらない。

じゃあ逆に髪質が悪いとどうなるか?

『ワックスが馴染まない』『潰れる』『フワフワ感が出ない』『頭皮が見えてしまう』『ハゲに見える』などなど、髪セットに当たって問題しかないのである。

 

だから、ネットでいくら髪セットの仕方を学んでもできない人は、そもそも髪セットをする状態になっていないからかもしれないのだ。

 

髪質を良くするとは

f:id:oukax:20191011130033j:plain

髪質を良くするって具体的にどういう状態?と疑問に思うかもしれない。

簡単に言えばサラサラ&ふわふわな状態のこと。

自分の髪はどうなのか確認したいのなら、手ぐしを通すのが一番手っ取り早い確認方法だろう。手ぐしを通して、一度も髪に引っかからないくらいが良い状態だ。

ではどうすればいいのか?原因は様々だが、ある程度明確になっている。その中で大事な要因を詳しく紹介する。

 

①正しくシャンプーができていない

まず重要視すべきはシャンプーのやり方。シャンプーは髪質を良くするための地盤を作るために必須だ。正しいシャンプーのやり方に関してはこちらで詳しく紹介している。⬇︎

www.ouka.work

 

②リンス・コンディショナー・トリートメントをしていない

髪をさらさらにするために、シャンプー後のケアはしっかりしよう。どれでも大丈夫だ。さらさらしているほうが髪セットは格段にうまくいく。

また、整髪料を落とすという意味でも使ったほうがいい。つけたワックスが落ちないという人はぜひ試してみてほしい。

 

③生活習慣 

食生活・睡眠はもちろんだが、毎日シャンプーすることが絶対だ。1日でも髪洗いを怠ると、次の日しっかり髪を洗ってもガサガサになる可能性がある。こうなると、前髪が割れてハゲに見え最悪な状態になる。

 

④ブローをしていない

まさか、髪セットを考えていてブローをしていない人はいませんか。髪セットにおいてブローは必須。タオルドライだけで終わるのは絶対ダメだ。

髪を完全に乾かさずに濡れたまま放っておくと、髪質に良くない影響を与えてしまうのは必至なため、必ず乾かそう。

また、このブローの段階で髪セットはもう始まっているようなものだということを知っておいてくれ。夜寝る前にブローせずにいると朝セットする際に髪は綺麗ではないし、なにより、ブローの段階で束感を作れるというメリットがあることを知ろう。

 

使うドライヤーは、よほど風力の低いものでなければ基本的になんでも大丈夫だ。

ただ、風力は少し強めぐらいの物の方が、朝髪を濡らしてブローするメンズには時間短縮になる。こちらのPanasonicのドライヤーがオススメだ。

 (画像クリックでAmazon商品ページに飛びます)

こちらの商品は、2019年11月5日現在星4以上の高いレビュー評価を得ている。

 

オススメのワックス 

髪質の話の次は、髪セットでとても大事なワックス選びについてだ。

ワックスはどれがおすすめかと調べれば大量の情報サイトが出てくるが、一概にこれが良いと決めることはできない。人によって、「匂いが無理」「シャンプー落ちが悪い」「テカテカする」「セット力が悪い」など、どのワックスにもなんらかの問題は必ずある。

じゃあどれにすればいいのか。私個人としてのオススメは、ドラッグストアなど市販でも販売しているような有名なワックスだ。 

画像クリックで商品ページへ飛べます

例えばこのUNOのワックス。私は実際にこの赤色のを使用しているが、くしゃくしゃヘアにしたい筆者には非常にセットしやすい。ハードなのでセット力も十分で臭すぎない、テカりすぎない、性能としては個人的に十分。

 

ワックスを正しく髪に浸透させる

ワックスをつけるとき、ただ手を左右に振って軽く全体につけるだけで終わってたら全く意味がない。しっかりと髪一本一本に浸透させるつもりで、ガシッと鷲掴みにして浸透させること。

意外とこれができていない人が多い。

 

髪セットの仕方

ここから髪セットの仕方について解説していく。ご参考までに。

 
①ワックスを適量取る。(10円玉くらい)しっかり両手で広げてくれ。

 

前髪以外の髪全体にワックスを馴染ませる。手を左右に振るようにしてバランスよく全体につけること。

 

③もう一度同じ量のワックスを取り、②と同じように全体に馴染ませたあと、束感を付けたいところ(前髪・サイド・襟足以外)をそれぞれ鷲掴みにしてつける。髪一本一本に浸透させるつもりで。 

  

④かきおろす作業:

手を猫の手のように関節を曲げて、手を左右に動かしながら髪を下に下ろしていく。こうすると、髪が右へ左へ動き束感が出る。

 

⑤束感作り:

ワックスを少し手に取り、親指と人差し指につけて束作りに入る。

細かすぎず太すぎず。

コツとしては、束の先をつまむイメージだ。

 

 

⑥前髪・襟足・サイド:

前髪は流れるように束を作るか、さいあく作らなくてもいい。ここが失敗するとひどいことになるので前髪は上級者向け。

襟足は軽くワックスをつけて、軽く広げる程度でいい。

サイドは押さえて浮かないように。

 

終わりに

今回は髪セットの基本と前提についてお話ししました。もし髪セットがどうしてもうまくいかない人はぜひ試してみてください。