ピクミン1は難しい?シリーズ最高難易度の初代ピクミンとは

初代ピクミンがヒットし、次に発売されたピクミン2も高い人気を誇った任天堂『ピクミン』シリーズ。

 

今では4作品目にして、3DSで発売までされました。以下は過去記事。

www.ouka.work

www.ouka.work

www.ouka.work

 

そんなピクミンですが、原点である初代はどのようなゲームだったのか。

簡単に解説しようと思います!

 

 

 

物語

ホコタテ星では比較的名の知れたホコタテ運送会社のベテラン社員、キャプテン・オリマーは、連日の忙殺から気ままな一人旅を思いつく。しかし、旅の途中で思わぬアクシデントから未知の惑星へと墜落してしまう。その惑星は猛毒の大気(酸素)が多量に含まれており、なおかつ自身の生命維持装置も30日間しか保たない上、宇宙船のドルフィン号は大破。そんな絶望の中でピクミンという不思議な生命体と出会い、彼らと協力し、宇宙船の修理も目途が立ち始めたのであった…。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用

 

簡単に言えば、旅の途中の事故によって墜落してしまった惑星で、ピクミンの力を借りながら30日以内に脱出を目指す物語。

 

そもそもピクミンとは? 

※動画は公式の動画。Wii版の動画のみしか見つからなかったが、内容は変わりません。

 

このゲームの主人公であるオリマーが、墜落した惑星で出会う可愛い生物。

初代ピクミンでは、赤ピクミン・青ピクミン・黄ピクミンの3種類が登場します。

 

赤ピクミン

攻撃力が高くて火に強い。他のピクミンは燃えてしまう。

青ピクミン

水に入っても溺れない。他のピクミンは川などに入ると溺れてしまう。

黄ピクミン

高く投げることができ、高い場所もお手の物。爆弾岩を扱える。(ピクミン2では電気に強く感電しない)

 

初代は他のシリーズより難易度が高い

同じようなゲーム内容として、ピクミン2とピクミン3がありますが、

それらより難易度が高いと私は思います。

理由はいろいろありますが、特に気になる点をお話しします。

 

30日以内脱出の時間制限

初代にのみ、ゲームクリアまでの時間制限が課せられています。

その影響で、ゆっくりピクミンを増やしている時間がなく、ゲームの進行に時間を費やさなければなりません。

本作を難しくする理由の一番の要因はこれです。

 

モンスターがタフい

登場する敵モンスターの体力が多い。

また、ピクミン2のように紫ピクミンでごり押しすることもできず、戦闘は常に緊張します。

貴重なピクミンを失わないようにと、先頭を躊躇して時間を浪費するとゲームクリアに間に合わなくなってしまう。

 

モンスターが多い

単純に敵モンスターの数も多い印象があります。

ピクミン2では後半に登場するような強敵が序盤にいることもあり、その点でも難易度が高い。

 

こんな人にオススメ

「ピクミンを全作品やってみたいから初代からやりたい」

「そこそこ難しいゲームがしたい」

こんな方にオススメ。

 

最後に

初代ピクミンについてその難しさをお話ししました。

 

ひとつ勘違いしないで欲しいのは、

「初代からプレイしないといけない」

ということはないことです。

確かに一番最初のピクミンですが、それぞれのシリーズ物語は基本的に別。

全てが繋がってるわけではありません。

宝を集めるという筋道は変わらないので、あまり物語は意識しなくて良いです。

みなさんの気になったシリーズから検討されてくださいね( ´ ▽ ` )