名作ピクミン2のトラウマな敵といえば?TOP5を紹介!一位はもちろん・・

ピクミンシリーズの中でも特に人気なソフト、ピクミン2

https://img-eshop.cdn.nintendo.net/i/7010ed268b6d4a5158e38e40dd7d901178b96c0bdbda1b48b6e6f233b93e0ebc.jpg?w=736&h=414&pr=2

出典:任天堂公式サイト

 

面白い作品である反面

「トラウマになった・・」と多くの方が語る作品でもあります。

 

ピクミン2にはハラハラする地下洞窟要素がありますが、すぐには出ることができないこととBGMの不気味さで初見のプレイヤーに恐怖を与えやすいです。

さらに敵キャラが怖いとなるとトラウマになるのは必至。

そのため多くのピクミンプレイヤーさんが恐怖を感じています。

 

今回はそんなトラウマになる怖い敵キャラを5体紹介します。

一位は予想してみてくださいね!

 

前提として

・今回紹介する敵キャラのランキングはあくまでも私が独断で予想したランキングであり、他人から集計した結果ではありません。

 

・この記事はネタバレ要素を含みます。まだプレイしたことのない人はご注意ください。

 

トラウマ第5位 マロガエル

白い見た目に赤い目が特徴のトラウマカエル。 

緑色の通常のカエルとは違い、索敵能力が広く急に方向転換して飛んでくる。

通常のカエルは、ピクミンが潰されても死なないことがあるがこちらはほぼ確定で死ぬ。

地下洞窟だと狭くてかなり怖い。トラウマと呼ぶにふさわしい敵キャラだ。

 

トラウマ第4位 ケメクジ

地下洞窟『シャワールーム』のボスとして登場する怖すぎるナメクジ。

やたら索敵範囲が広く、壁越しでも容赦なく迫ってくる。

 

こいつの一番のトラウマ要素は、最後のマップの地下洞窟「百戦錬磨の穴」で中ボスとして登場するとき。

何がやばいかというと、中ボスで登場する際始まった瞬間に目の前にケメクジがいること。

普通ボスと戦う際は一息つけるような場所が用意されているのにこの場合だけは例外で、急に戦いを強いられる。しかも全ピクミンで。

そのため、ここで何人の人が絶句したか測りきれない。

 

トラウマ第3位 ダマグモキャノン

地下洞窟「地下の秘密基地」でボスとして登場する銃殺グモ。

見た目はクモさながらのくせにマシンガンのような銃を放ってくるただの殺人マシーンだ。

基本的に攻撃を仕掛けないと銃を撃ってこないので「あれ?大したことないな」と油断していた初見プレイヤーを全力でトラウマへと変える。

足の遅い葉のピクミンだけで挑もうものなら全滅は必至。

 

トラウマ第2位 クマチャッピー

チャッピーはたくさん種類がいるが、中でも黒いおっさんにような見た目のチャッピーがクマチャッピー。

こいつのやばいところは、まったく寝ず常にフィールドを歩いていること。→しかも超強い

そのため、安全と思われる基地にピクミンを放置しておくといつの間にこいつが襲来していてピクミン食べ放題コース・・なんてことがあります。

 

チャッピー対策の紫ピクミンもこいつには扱いづらく、非常に厄介。

地下洞窟で一度トラウマになろうものなら、それ以降「この洞窟クマチャッピー出るのかな・・」と恐怖を植え続けられる最恐トラウマキャラ。

 

トラウマ第1位 アメボウズ

筆者の個人的第1位トラウマの敵キャラは堂々のこいつです!

ピクミン2を代表する恐ろしいキャラと言っても過言ではありません。

 

こいつがトラウマになる最も大きな要因は、エリア:まどいの水源にある地下洞窟「水中の城」で登場するとき。

この洞窟自体が不気味なBGMと怖い雰囲気漂うもので、一定時間経つとアメボウズが空中から降ってくる。

そして、ローラーのようなものでピクミンを踏み殺しにエリアをぐるぐる回ります。

こいつには、紫ピクミンで攻撃するしか対処法がなく、青ピクミンでしか入れないこの地下洞窟はなすすべがないエリア。

 

そんな状況で、潰されないようにお宝を運ばなければいけなかったり、ピクミンを避難させたりと、常に緊迫した心情が続く。

 

ピクミンのトラウマキャラは?と聞くと大抵こいつの名前が挙がるほどいろんな意味で有名なキャラだ。

何周もピクミン2をクリアしている筆者も、これだけはいつになっても慣れない。

ザ・ベストオブ・トラウマ

 

最後に

今回はピクミン2のトラウマTOP5を紹介しました。

この記事に来てくださっているみなさんも、きっと思い当たる怖さはあったのではないでしょうか?

私はやっぱりアメボウズが一番怖いです(笑)

 

こちらの記事も読まれています↓

www.ouka.work

www.ouka.work

www.ouka.work