資格合格を目指すなら『とりあえず応募理論』を使え!"とりあえず"がコツだ

スポンサードリンク

f:id:oukax:20190401224351j:plain

漢検・・

英検・・

IT関連資格・・

 

「就職のため」「実力を付けておきたいから」

など理由は様々だと思いますが、

受けるからには早く取得したいし一発で合格したいでしょう。

 

今回はそんな人たちのために向けて、その勉強法についてオススメの

『とりあえず応募理論』という理論を伝授させたいと思います。

※なお、合否に関しては最終的には各個人のやる気や元々の能力にも左右されます。確実に合格するわけではありません。

 

 

『とりあえず応募理論』とは

『とりあえず応募理論』ってまず何だよ。

とお思いだとは思いますが、私が勝手に考えた理論です。

どんな理論かというと簡単に説明するなら、

 

"資格取得によって将来的に自分のためになると考えられる資格を決定したら、それ一つに焦点を当て、とりあえず応募予約をしてみる。"

 

こんな理論です。

 

複数の資格を同時勉強はしない

資格は、取得できればできるほどその人の能力、かつその分野への価値観が評価されます。 

複数取れることは当然良いのですが、それは最終的なビジョンにしましょう。

 

まずは、一番取得したい資格、または自分の能力でも挑戦できそうな資格を一つに絞ります。

そうしたらそれだけに姿勢を向けてください。

複数同時に勉強するのは無理に近い勉強法です。

 

A,同じような問題が続く少ない問題集

B,2つの分野が交互に登場する多い問題集

 

勉強するならどちらがしやすいですか?

間違いなくAでしょう。

 

"とりあえず"応募する

真剣に資格取得を目指すなら、悩む前にとりあえず受講応募してしまおう。

 

なぜか分かりますか?

この理由は、学生の頃に必ず経験するテスト期間を思い浮かべるとよく分かります。 

 

テスト期間中は、周囲が勉強していたり試験日が迫るあの緊張感で勉強せざるを得ない状況にさせられます。

あの感覚と資格試験までの期間は同じ感覚です。

 

さらに言うなら、資格試験期間の方が焦ります。

なんせ受からなかったら受講料がかかってその試験は終了ですからね。

 

資格のためなら費用を惜しまない 

"受からなかったら受講料がかかってその試験は終了"と上記で言いましたが、だからといって受けるのを拒んでいるのは非常にもったいないです。

 

生活することに大きな悪影響を及ぼしてしまうほど厳しい出費だったら分かりますが、5000〜10000という金額で人生に意味のあることを行えたのは素晴らしいことだと私は思います。

もちろん家計が厳しいのであれば、しっかりとした計画で挑みましょう。

 

まとめ

f:id:oukax:20190401223538j:plain

  • 同時に複数の資格を勉強しない
  • 悩んでいるならとりあえず受講応募をする
  • 費用を気にしすぎない

この記事を見ている人たちは、真剣に資格が欲しいから見に行きてる人たち。

資格に関しては努力を惜しまなければ、必ずその努力が糧になります。

 

勉強をしているのはあなただけではありません。

全国の受講者も同じように努力してきています。

皆さんの試験がうまくいきますように。

頑張っていきましょう!!

ありがとうございました。