いろづきチンクルの恋のバルーントリップってどんなゲーム?良かった点を解説

2009年8月6日に発売された任天堂DSソフト、

『いろづきチンクルの恋のバルーントリップ』

 

こちらのソフト、私は知人からオススメされてプレイしたのですが、初見は「は?」と思いました。
このドロドロしたカラーと、緑色のタイツを着たおじさん、なんやこの表紙は(笑)とずっと笑っていました。
 
でも・・
このソフト、びっくりするくらいハマるんですよ笑
いやほんとマジで。イロイロ説明していこうと思う。
 

 

 

どんなことをするゲームなの?

このゲームは35歳独身男のおじさん(表紙のタイツ男)が主人公で、
謎解きを解いたり、プレゼントを女の子に渡して好感度を上げ、協力してもらって冒険する話です。
名前はチンクル
 

謎解き要素が面白い

謎解きが簡単すぎず、鬼畜すぎないバランスのとれた難易度でかなりやりごたえがあります。 

 

「えっ、そこ!?」

「なるほどなあ」

と感じるような面白い仕掛けがいっぱい。やってて全く飽きない。

表紙にそぐわないやりごたえですよ(褒めてます)

 

ストーリーのボリュームがヤバい

こちらのソフト、とにかく物語が長いです。

物語の途中、お金(プレゼントを買うため)を集めるために仕事したり、難しい謎解きに直面して悩んでいたり、ガツガツ進むような感じではないです。

 

なので、初見ではいっぱい悩まされるので飽きず、長く楽しめます!

こんなボリューミーなソフトが今ここまで安いなんて信じられないです。

 

登場キャラクターが可愛い

チンクルが気を引きたい相手にプレゼントを渡すのですが、相手の女性がみんな可愛い。

ちょっとツンデレな感じだったり、気が強かったり、みんな可愛らしいです。

主人公にはもったいないレベル

仲間のキャラクターたちも、個性豊かで可愛らしい見た目をしています。

 

最後に

下記ボタンから各通販サイトに飛べます

笑いあり涙ありの、隠れ名作。

このソフトを表すならこれがもっとも近いと思います。

 

個人差はあると思いますが、マジで一度はプレイした方が良いゲーム。

DSがある方は是非購入してみてくださいね!

 

注意点

購入にあたって一つだけ注意点があるのですが、

こちらのソフト、店頭ではなかなか見かけません。(場所による)

ゲオや大手ゲームソフト店舗に行ったのですが、ほとんどの店舗に置いてありませんでした。

そういった意味でも隠れ名作だと思いますけどね(笑)